女の人と犬

可愛い愛猫を守る手段|皮膚病の真相を知ろう

専門家のジャックラッセル

飼い主とペット

ジャックラッセルテリアはスマートな体型と明るい性格から日本でも人気が高いのですが、これぞ犬種としての真の姿とされるスタンダードが良いという場合はジャックラッセルテリア専門で繁殖と育成を行っているブリーダーのもとで探すと、スタンダードなジャックラッセルテリアが見つけやすいと思います。

ミニピンを飼おう

飼い主とペット

ミニチュアピンシャーはドイツでヘル・ピンシェルという犬から作られた小型犬です。体長・体高はいずれも25センチほど、体重は5キロ前後、短毛で色は黒、茶、赤茶が一般的です。性格は好奇心旺盛で強気です。飼い主への忠誠心は強いので、しっかり躾けをすれば従順な犬になります。運動も沢山させてあげましょう。

皮膚の病気かなと思ったら

猫

どんな症状が表れるか

最近ではペットショップで販売されている猫にもいろいろな品種のものが出てきています。複数の品種を掛け合わせたものやより珍しい品種など、人気の高いものであればその分飼い方にも注意が必要になってきます。というのも、こうした品種の掛け合わせによって生まれた猫は生まれつき体が弱いことが多く、慢性的な皮膚病を引き起こしやすくなるのです。もちろん、すべての猫がそうなるというわけではないものの、人間と同じようにアレルギーなど生まれつきの疾患を持っているペットにはとりわけ注意しておく必要があります。では、具体的に猫が陥りやすい皮膚病にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的な例を挙げるとすればダニによる炎症や乾癬、アレルギーや内臓疾患などです。もちろん、これ以外にも皮膚病が引き起こされるケースはありますが、まずはその兆候を飼い主がいち早く見つけてあげることが大切です。毛が抜ける、猫が異様にかゆがる、様子がおかしいなど、飼い主にしかわからないポイントが皮膚病の際には表れます。そうした様子をしっかり見極め、必要に応じて医療機関を受診するようにするのです。そこで細かい検査、問診が行われ具体的な治療が始まっていきます。シャンプーやエサが体に合わないのであれば早急に対処しなければいけません。もしもそれ以外、体の疾患が原因となっているのであれば投薬治療や手術が行われることになります。どの場合でも猫のストレスをいち早く解決するために迅速な対応がカギとなるわけです。

一番人気が高い犬種は

ドッグ

ティーカッププードルはプードルの中では一番小さい種類です。色は10種類あり人懐っこく頭のいい犬です。繁殖力が低いためペットショップでは入手困難で価格も高価です。ブリーダーから直接購入することもできます。犬舎を見学して子犬の両親や環境を見ることができます。